脱毛の痛みを減らす方法4選

脱毛の痛みを減らす方法4選

誰もが気になる脱毛の痛み。医療脱毛と美容脱毛の両方を施術する看護師が解説します。

結論

脱毛の痛みを減らす方法4選はこれだ!

①きちんと剃毛
②たっぷり保湿
③しっかり日焼け対策
④ばっちりコンディション

①きちんと剃毛

毛が長いと皮膚の上で発熱するので痛みが強く、やけどしやすくなります。

さらに熱が分散するので効果がでません。

産毛もメラニンが含まれていれば発熱するので丁寧に処理しましょう。

産毛のような細い毛がなくなると、肌がスベスベでキレイに◎

剃毛が甘ければ脱毛店で剃毛してくれることがほとんどです。

しかし、最悪の場合、施術お断りや施術時間が短くなることがあります。

施術者のモチベも下がるかも…笑

②たっぷり保湿

脱毛の痛みの原因は熱。

肌の水分量が多いと、熱が吸収されて痛みが和らぎます。

水の入った紙コップを火であぶっても燃えないのと同じ。

また、乾燥しているとやけどや毛嚢炎といった肌トラブルも増えますよ。

保湿しないと脱毛で大損します!

③しっかり日焼け対策

脱毛に使うレーザー(光)は、メラニンに反応して熱を発生させます。

日焼けした皮膚のメラニンにも反応するので、日焼けするほど痛み&やけどリスクUP!

日焼け真っ最中(やけど中)の肌だと、当然脱毛の施術はできません。

④ばっちりコンディション

交感神経がはたらくと、痛みに敏感になります。

つまり、疲労・睡眠不足などのストレスを減らすことが大切です。

施術中に力んでいても交感神経ががんばっちゃいます。

施術中はできるだけ力を抜きましょう。

まとめ

脱毛の痛みを減らす方法4選、ぜひ参考にしてください。

①きちんと剃毛
②たっぷり保湿
③しっかり日焼け対策
④ばっちりコンディション

痛みや肌トラブルが減ると、脱毛機の出力をあげることができて、脱毛が早く終わります。

ご自身の頑張り次第で時間もお金も節約できますよ!

この記事を書いた人

神野(じんの)

現役の美容医療看護師。
脱毛店の闇にうんざりして開業。
損しない脱毛店であり続けます。